好きかどうかだけで決められないこと

以前結婚を意識した相手がいました。

結局最後に破局してしまったわけですが、別にお互い好きでなくなったわけじゃなく、むしろ好きなまま別れることになった感じでした。

一緒になるって好きかどうかだけではないんですね。

仕事優先の意識

男女の差なのか個人的な意識の差なのか、それはきっと人それぞれに認識が違ってくると思うのですが、恋愛と仕事の両立って意外に重要な気がしています。

私が仕事を優先するタイプなのは彼女も承知の上でしたし、出会いのきっかけが仕事がらみでしたからある意味そこに惹かれた部分はあるはずなのです。

しかしいざ付き合い始めると二人の時間がなかなかしっくりきません。
同業ながら会社が違った私たちは休みもズレがちで、私は出張も多い職場だったこともあり、月に一度会うかどうかぐらいしか時間が取れなくなることがありました。

もちろん休み以外でも夜は食事できたりしましたから、それが不便だと私は思わなかったんですが、彼女は少し違ったのかもしれません。

収入だけはなんとも

面倒だったのは収入の差でした。
同じ業界ながら待遇の良さは彼女の会社の方が圧倒的に上、どうしても私はそれに対して劣等感を抱いてしまいました。

結婚してもそのバランスが続くんだろうか?そんな気持ちがどこかにあったような気がします。
いずれは独立して起業を夢見ていましたがそれには何年も掛かります。

現実問題としてしばらくは現状維持、となるとなんとなく頭が上がらない気がしてしまったのです。
そんなことは気にしないと自分では思っていたんですが、いざ結婚を想定するとモヤモヤした気持ちになってしまったんですね。

もちろん彼女はまったく意に介してなかったはずで、神経質になっていたのは私だけでした。

ちょっとした口げんかから

別れる時はあっけなかったですね。
ちょっとした口げんかから始まって、途中仕事の話を出したのがいけなかった。

引くに引けなくなっただけなんですが、それで歯車が狂ってしまいました。
彼女は収入が低い私とやっていけないと思ったわけではなく、そういうことを気にしている私と向き合うのが辛くなったんでしょうね。

しばらく会わない時間があって再会した時は別れ話の日でした。
今思い出しても勿体なかったなあとつくづく思いますね。

変な意地さえなければ、今でもそんな気がします。